助産師の平凡日記(記録用)


by tvrrpifiac

政府、対北追加制裁を決定 貨物検査特措法も成立(産経新聞)

 政府は28日の閣議で、韓国哨戒艦沈没事件を受け、北朝鮮に対する追加制裁措置を決定した。金融機関を通じた北朝鮮への送金の報告義務を、現行の上限1000万円超から300万円に引き下げる。一方、この日の参院本会議では、北朝鮮に出入りする船舶を対象とする貨物検査特別措置法が与党と公明党の賛成多数により可決、成立した。

 追加制裁措置では、届け出なく北朝鮮に持ち出せる現金などの上限額に関しても、現行の30万円超から10万円超に引き下げ、強化した。今後、関係省政令を改正し、実施する。

 政府は昨年6月から、北朝鮮に対する輸出入の全面禁止措置をとっているが、鳩山由紀夫首相は閣議で「第3国経由の迂回(うかい)輸出入を防ぐため、関係省庁間の連携を一層綿密にして厳格に対応してほしい」と指示した。

 首相は同日のオバマ米大統領との電話会談で、哨戒艦沈没事件について「北朝鮮の行為は許し難い」との認識で一致。今後、国連安全保障会議の対応で日米韓3カ国で連携していくことを確認した。首相は29、30両日、韓国・済州島で李明博大統領や中国の温家宝首相と会談し、北朝鮮に対する制裁に慎重な姿勢を見せている中国への働きかけを強める方針だ。

 中井洽拉致問題担当相は28日の記者会見で、追加制裁措置について「韓国と共同歩調を取り、(北朝鮮の)暴挙に対して国際的な包囲網を素早く形成していく意志を日本もきちっと表せた」と意義を強調した。菅直人副総理・財務相も「すでにかなり厳しい制裁水準だが、韓国や米国と連携してやっていく姿勢を示していく意味はかなり大きい」と述べた。

 また、平野博文官房長官は記者会見で、さらなる追加制裁についても「状況によっては当然考えなければならない」と述べ、韓国が問題提起を目指す国連安全保障理事会の議論を注視する姿勢を示した。

 28日の参院本会議では、特定船舶入港禁止法に基づく北朝鮮船籍の入港禁止を来年4月まで1年間延長する承認案件も全会一致で可決した。貨物検査特措法は昨年5月の北朝鮮による再核実験に対する国連安全保障理事会の追加制裁決議に基づく措置で、7月上旬に施行の見通しだ。公海上での貨物検査や、核・ミサイル関連の禁止物品の押収が可能になり、検査は海上保安庁や税関が検査を実施する。

【関連記事】
北が重火器、韓国は潜水艦訓練 強まる偶発的衝突の懸念
東アジア専門家に聞く 安保理決議なければ米は有志連合で 哨戒艦沈没
「有事の円?」欧州混乱・半島緊張 消去法で独歩高
金総書記が戦闘態勢指示 米韓合同演習で牽制へ

詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
福島県「婚活」HP開設へ…少子化対策に本腰(読売新聞)
<いたずら>トランクに閉じ込められた!? 警官80人、パトカー数十台出動(毎日新聞)
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)
参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
[PR]
by tvrrpifiac | 2010-06-04 13:08